アリ豆 展示作家インタビュー&展示アーカイブ

第7回 Artist abeshi(あべし)

 

abeshi個展 「MISTAKE」 2013-11/16~12/1

 

アリスと豆の木で開催されたabeshi 個展「MISTAKEを終えた後、アンケート形式でインタビューを行いました。

良い子ではなかったです。

Q.どんな子供だったか教えてください。


A.今考えたら、良い子ではなかったです(心当たりあり)。天の邪鬼。

ただ、昔に感じていた無い物ねだりが絵を描くひとつの理由になるとは夢にも思いませんでした。

 

Q.好きな音楽はなんですか


A.90年代のメロコアと呼ばれるもの。
けど、鼻唄の8割は日本語の歌です。カラオケの鉄板は"モニカ"と"抱きしめてtonight"。
それとちょびっとサントラ。

岩井俊二さんの映画はかなり影響うけました。

Q.好きな作家を教えてください。


A.ネタバレするみたいな感じがするから、あんましバラしたくないっす。あ、でもアイラインを躊躇なくゴリッと描く人は好き。

 

Q.影響されたものはありますか
A.圧倒的に影響受けた人はいますが、言わずもがななんで言いません。少なくとも接した人全員から影響受けていると思います。あ、岩井俊二さんの映画はかなり影響受けました。

 

おとぎ話をテーマに今回の個展作品は製作された
おとぎ話をテーマに今回の個展作品は製作された

 

Q.集めてるものはありますか。


A.女の子の顔の写真と画像、あくまで資料用です。まあ好きだけど。

 

一目観て惹きこまれる作品
一目観て惹きこまれる作品

パッと見てイイねっ てなるように。

Q.作品でこだわってる事はありますか。


A.キレイ!かわいい!!パッと見ていいねってなるように。

 

Q.使ってる道具を教えてください。


A.多少選ぶくらいで、誰でも手に入る鉛筆、筆、絵具です。大体は世界堂と東急ハンズで手に入ります。

 

Q.自分にとって大切なものはなんですか
A.月並みですが、今まで自分を生かしてくれたもの全てに感謝です。
あと、練りけし。

 

たくさんの作品に新しいオーナーが決まった。
たくさんの作品に新しいオーナーが決まった。

死ぬまで描く!

Q.アリ豆との出逢いを教えてください。


A.長くなりそうなんで、かいつまんで言うと、いろんな"たまたま"がガチッと噛み合って最初の展示に混ぜてもらいました。オーナーには足向けて寝れません。

Q.今後の野望や展望などがあれば教えてください。


A. うーん…あんましデカイことぶちあげるタイプではないので…
死ぬまで描く!

 

 

 

 

 

abeshiさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<< 第6回 玉村のどか写真展【oblaat】

 

    第8回 ハッカチャン個展【ミモザの追憶】 >>

 

 

アリスと豆の木公式

blog

Facebook Page

Twitter

Instagram

 

 

アリスと豆の木は利休鼠株式会社によって運営されています。